ビッグイシュー販売風景
最新号
最新号表紙

317号 8月15日より発売!

毎月1日・15日発売

資料請求で雑誌1冊プレゼント
THE BIGISSUE ONLINE
  • 人生をあきらめない

スペシャル

いま遊べ!――子育ての未来

"子どもの仕事は遊ぶこと"それを体現する保育園がある。
「うらら保育園」(東京)は、下町の暮らしを大切にしている。クラスを保育者の名前で「○○家」と呼び、ちゃぶ台を囲んでお櫃ご飯のお昼。家同士が入り乱れて遊ぶが、もちろん一人になれる路地のような場所もある。
「川和保育園」(横浜)は"自分で考え、自分で遊べ"がモットー。3歳以上の子どもたちは森のような園庭で90%の時間をすごす。砂山、ツリーハウス、じゃぶじゃぶ池などで遊ぶうちに「自分の身は自分で守る」感覚が身につく。
一方で、少子化が進む中にあって、保育園に入園する子どもの数は2005年に199万人だったが、16年には245万人となり、10年で45万人増えた。「保育は社会全体の問題」と言う、ジャーナリストの猪熊弘子さんに、「日本の保育の今と未来」について聞いた。