ビッグイシュー販売風景
最新号
最新号表紙

311号5月15日より発売!

毎月1日・15日発売

資料請求で雑誌1冊プレゼント
THE BIGISSUE ONLINE
  • 人生をあきらめない

スペシャル

ダークウェブ―あぶないネット社会

便利な社会を実現してきたインターネットは、今、不気味な闇に覆われつつある。
高い秘匿性を共有できる「ダーク(闇)ウェブ」では、違法物を売買する闇市場が拡大し、そこで最も取引の多いのが個人情報だ。
また、ここ数年で急増した「フェイクニュース」は、嘘やデマを真実のニュースであるかのように伝え、米国の大統領選挙や英国の国民投票も左右するなど、影響力を強めている。
さらに、私たちの日々の買い物、SNSの利用情報などは「ビッグデータ」として企業に保存、利用され、市民の通話やメールは米国の国家安全保障局(NSA)に傍受され、その監視システムは日本にも提供されている(※)。
「ダークウェブ」について高野聖玄さん(株式会社スプラウト代表)、「フェイクニュース」について津田大介さん(ジャーナリスト)、「ビッグデータによる監視社会」について宮下紘さん(中央大学准教授)に聞いた。
ウェブ世界の闇から、ネット社会の今を知りたい。

※2017年4月24日、NHK『クローズアップ現代+』参照